えんきん スマホえんきん 違い

話題の「えんきん」、「スマホえんきん」違い教えます。

えんきん スマホえんきん 違い

最近文字がぼやける。もしかして老眼?
最近手元の文字がぼやける、読みにくい、そんな経験はありませんか?ある程度の年齢になると、もしかして老眼かもと心配になってしまいます。老眼鏡を買う前にまずはサプリメントで改善できないか試したいものです。
そこで、日本初の機能性表示食品に指定され、テレビCMでもお馴染みのFANCLの「えんきん」、「スマホえんきん」について、違いと選び方などをお話していきます。

 

似てるけどどちらを選べばいいの?

えんきん スマホえんきん 違い

まず「えんきん」は手元のピント調節機能に強い味方となってくれるサプリメントです。対象は主に中高年の方、文字のぼやけなどの老眼的要素が気になりだした45歳以上くらいの方です。

一方、「スマホえんきん」はスマホ、パソコンをよく使用し、目を酷使している20〜40歳前半くらいの方となります。手元のピント調節とは異なり、眼精疲労の緩和
に役立つとされています。
「えんきん」の成分は、ルティン、シアニジン-3-グルコシド、アスタキサンチン、DHAが含まれます。
ルティンはほうれん草などに多く含まれます。アスタキサンタンやDHAは魚に含まれます。いずれも抗酸化作用があり老化防止にも効果的です。
また、目の使用による肩、首筋の負担も和らげてくれる嬉しい作用もあります。
シアニジン-3-グルコシドはブルーベリーや黒大豆に含まれます。目の老化というのは毛様体筋の劣化、水晶体の柔軟性の喪失により起こります。それを防ぐには毛様体筋、水晶体に栄養を十分に行き渡らせてあげることが大切です。シアニジン-3-グルコシドは酸素や栄養を送り込む助けとなり視力回復に一役かうことがわかっています。
「スマホえんきん」の成分はビルベリー由来のアントシアニンとルティン、ビタミンB群となります。
アントシアニンは57.6r含有。
目の働きを高め眼精疲労予防になります。また、メタボリック予防、花粉症の緩和も期待されます。

 

健やかな眼のために・・・ まとめ

2つのサプリメントの違いご理解頂けたでしょうか。選ぶポイントは目安の年齢。そして目の使いすぎなのか老化によるものなのかです。
その他注意点としては、大豆を含んでいるので食物アレルギーのある方は控えてください。また妊娠、授乳中、お子様にもおすすめしてません。
お試し15日分から販売されてますので、薬ではないとはいえ、まずは体質に合うかなども試してみるのも良いかと思います。30日分で「えんきん」2160円、「スマホえんきん」1563円と比較的お求めやすい価格となってますし、継続したい方はお得な90日分もあります。
デリケートで大切な眼ですので是非サプリメントでいたわってあげましょう。

 

サプリメントでおすすめなのが、めなりです。

 

 

白井田七茶はコチラ

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ